HOME // MENU // 民事(家族)信託

民事(家族)信託

認知症と診断されると財産は凍結され、たとえご家族であっても、その方の財産を勝手に引き出すことはできなくなってしまいます。
民事(家族)信託とは、そうした事態を未然に防ぐため、財産をご家族などにあらかじめ託すことで、運用を任せる制度のことを指します。

こんな方にオススメです
・将来の意思判断能力に不安がある方
・「ひょっとした自分は認知症化も…」と不安を感じている人
・ご家族や親族に障がいのある方
・遺言や任意後見を検討している方
・親が不動産を所有している方
・ご自身の親に代わって不動産の管理をしている方
・親の資産の相続対策をしていない方
MERIT 民事(家族)信託のメリット
【メリット1】 ・相続人本人の体調や判断能力に左右されない財産の管理が可能
ご両親などがご高齢で認知症になってしまった場合、たとえ親族でも、銀行口座のお金を勝手に引き出すことはできません。しかし家族信託で前もって家族に財産を託しておけば、相続人の方の健康状態にかかわらず、財産を管理することが可能になります。
【メリット2】 ・成年後見制度の代用としての機能
相続人ご自身が将来的に老人ホームへの入居などで資金が必要な場合、認知症と診断されると、不動産などを売却することができなくなります。前もって家族信託を行うことで、そうした後々の心配も晴らすことができます。
【メリット3】 ・遺言としての機能
遺産を相続する配偶者に財産管理の能力がない場合、成年後見人を設け、財産を管理してもらう必要があります。民事(家族)信託を行えば、最初から受託者が財産を管理することが可能です。
【メリット4】 ・希望通りの資産承継が可能
たとえばお子様に障がいがある場合、その方に財産を相続したとしても、さまざまなトラブルに巻き込まれ、財産が守れないかもしれません。しかし民事(家族)信託を行っておけば、信用できる受託者が財産を管理してくれるので、お子様の生活も守ることができます。
【メリット5】 ・不動産の管理が容易に
相続する財産に不動産がある場合、その所有権を共有にしてしまうと、後々トラブルになるケースが非常に多いです。また、土地を売却する際も、所有者全員の許可をとる必要があるため、ベストなタイミングで売却できない可能性もあります。民事(家族)信託で、誰か一人に不動産管理の権利を託せば、そうしたトラブルも避けることができます。

メニュー一覧