HOME // MENU // 遺言書作成

遺言書作成

「自分が元気なうちに、妻や家族に、どのように財産を残すかを決めておきたい…」。私たちは、その想いをかたちにするお手伝いをいたします。
遺言書にはさまざまな方式がありますが、方式が守られていない場合、その内容が無効になってしまう可能性もあります。そうした心配のないように、遺言書作成をしっかりとサポートし、大切なご家族が将来安心して暮らすための準備をお手伝いいたします。

こんな方にオススメです
・先祖代々受け継いできた土地や財産を、配偶者や家族に承継させたい方
・自身の営んできた事業を、後継者に承継したい方
・配偶者や家族一人ひとりにどれくらいの財産を残すか決めておきたい方
・残された家族のために、しっかりと財産を相続させたい方
・子供がいないため、全財産を配偶者に相続させたい方
OVERVIEW 遺言書の方式
【自筆証書遺言】 遺言書をご自身一人で作成する方法です。
長所:①作成が簡単で費用がかからない②遺言書を作成した事実やその内容について、秘密にしておくことができる。
短所:①遺言書の方式が守られていない場合、無効になる可能性がある②自身の死後、見つからない可能性がある③第三者に隠されたり、破棄される可能性がある。
手続き方法:家庭裁判所で、相続人全員と利害関係人の立会いの下で「検認調書」を作成したうえで遺言書の内容を執行(検認手続き)。
【公正証書遺言】 公正な公証人に遺言書を作成してもらう方法です。
長所:①公証人に作成してもらうため、不備のでる心配がない②遺言書は役場に保管されるため、紛失・破棄する心配がない③検認手続きが不要④病気などで字が書けなくても作成可能。
短所:①遺言書作成時に、2名以上の承認が必要②遺言書作成費用が必要
必要書類など:実印、印鑑証明書、戸籍謄本(不動産の場合は登記簿謄本)、固定資産の評価証明書など、受遺者の住民票または戸籍抄本
【秘密証書遺言】 遺言書を公証人に預け、その内容を秘密にしておく遺言書の方式。
長所:①遺言書の内容を秘密にしておくことができる②偽造や変造が防げる
短所:①遺言書の内容が不明瞭な場合、相続人の意志が正確に反映されない可能性がある②検認手続きが必要③紛失、隠匿の可能性がある。

メニュー一覧